パチンコ図鑑
メインページ 攻略ポイント 予告・リーチアクション クチコミ一覧

CR1・2の三四郎(銀座)攻略ポイント

タイプ
攻略ポイント 攻略ポイント

攻略ポイント

これが出来れば上級者「ストロークと打ち出しのタイミングをつかめ!」
これが出来れば上級者「ストロークと打ち出しのタイミングをつかめ!」

『1.2の三四郎』は、変幻自在な予告、リーチアクションを搭載しているため、スーパーまで発展すると、かなりの時間がかかる。よって、保留玉が埋まっている状態で、玉を打ちっぱなしにすると、相当の玉のロスになるので気をつけよう。
さらに、電チューサポート時(確変・時短中)は、やや弱めにストロークを構えたほうが電チューの拾いがよくなるケースがあるので試してみよう。
また、大当たり後、アタッカーが開くまで、タイムラグがあるので、画面に「大当たり」と表示されてからの打ち出しで十分間に合う。ここでも無駄玉を打たないように心がけるべし。
最後に、ネカセ(台の傾き)によって、上部ワープルートからの入賞率が激変する。竜巻落とし経由で、ヘソにあまり入らない台はネカセがかなり悪いと見るべし。そういう台は避けたほうが無難かも。


関連ニュース



(c) 小林まこと/講談社 (c) Sammy
(c) GINZA



このページの先頭へ戻る

戻る 777(スリーセブン)トップへ戻る